洗濯槽の掃除におすすめ「シャボン玉石けん洗たく槽クリーナー」汚れがごっそり取れた。

         

洗濯すると、「臭いが残る」「黒い汚れがついている」ということが頻発していました( ;∀;)

他の洗濯槽クリーナを使って掃除していたのですが、根本的な解決になっていない感じでした。

あきらめて、柔軟剤の匂いでごまかしたりしていました(-_-;)

偶然、「シャボン玉石けん洗たく槽クリーナー」の噂を目にしました。

驚くほど汚れが取れるということだったので、自分でも試してみました。

途中経過も踏まえて紹介したいと思います。

SPONSORD LINK

ポイント

・成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(純石けん分[脂肪酸ナトリウム])、アルカリ剤(重曹)

※塩素・合成界面活性剤は使用していない。

 → 環境に配慮されている

 → ステンレス槽、プラスチック槽のどちらにも使える。

・二槽式・全自動洗濯機に使える。 ※ドラム式洗濯機には使用不可

・1回で使い切る

・ぬるま湯を使うと効果的に汚れが取れる。(30~40℃が適温)

※入浴剤を入れた残り湯は使用できない

用意しておくと良いもの

・30~40℃のぬるま湯&バケツ

・お風呂ネット

 汚れが浮いてきたら、ネットですくい取ります。100均で手に入ります。

うちは下のタイプです。

それでは早速クリーナを使って掃除です。

1. 洗濯槽をぬるま湯(30~40℃)で満たす

うちは給湯器からバケツリレーしました。環境によるでしょうが、洗濯槽にお湯を満たす作業が唯一重労働な感じです(;^ω^)

2. 洗たく槽クリーナーを全量入れ、5分程、標準コースで運転する

標準コースで運転後、10分経過

まだ汚れが浮いてませんね

1時間経過

まだ汚れがそんなに浮いてませんね

3. 4時間ほど放置

凄い汚れが浮いてました。

こんなに汚れが浮いてるのは初めてかもしれません。

今まであまり落ちてなかったの?(;^ω^)

4. 汚れをネットですくう→5分程標準コースで運転を繰り返す

汚れが気にならなくなるまで「すくう→運転→すくう→運転…」を繰り返します。

5. 最高水位で標準コース(洗濯→すすぎ→脱水)を1サイクル運転

6. 中に汚れが残っている場合は、繰り返し標準コース(洗濯→すすぎ→脱水)を運転

<繰り返し1回目>まだ汚れが浮いてきました。

<繰り返し2回目>少し汚れが浮いてます。

<繰り返し3回目>すっきりきれいになりました。

まとめ

取れすぎて、複数回標準コースを回さないと汚れが浮いてきてしまうみたいですね。

「シャボン玉石けん洗たく槽クリーナー」の洗浄力が凄いことを実感しました。

今回の掃除で、洗濯後の嫌な臭いがなくなりました。

とても効果的だったと思います。

他のクリーナより少し割高ではありますが、これだけ汚れが落ちるのはお得感があります。

今後も是非使っていきたい商品です。

ではでは(^ω^)ノ

どこで買える?

大型のドラッグストアやホームセンターでは販売していると思いますが、
私が住んでいる地域の店舗では取り扱っていない所がほとんどで、何軒か廻る羽目になりました^^;
ネットなら確実に買えるので、ネットでの購入がおすすめです。

生活/生活の不具合改善の最新記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)