男の料理!アルティメット豚汁!!

         

こんにちは!カロンです。

この前、ガッツリした豚汁が食べたくなり、豪快に作りました
THE 男の料理です。女子力は皆無です。

テレビでよくでる有名店、豚汁の「たちばな」というお店が玉ねぎを沢山入れてるという情報を見たので、参考にしてみました。

SPONSORD LINK

では早速作り方を紹介します。

・材料(4人前くらい)
豚こま肉・・・・ 約700g
玉ねぎ大・・・・ 3個
糸コンニャク・・ 1袋150g
木綿豆腐・・・・ 1丁
人参・・・・・・ 1本
サラダ油・・・・ 少々
カツオ節・・・・ 多めにひとつかみ
出汁昆布・・・・ 1枚
塩コショウ・・・ 少々
酒・・・・・・・ 1回し
みりん・・・・・ 小さじ1
しょうゆ・・・・ 小さじ1
塩・・・・・・・ 1つまみ
水・・・・・・・ 1リットル
味噌・・・・・・ おたま半分弱くらい~お好みで

1.野菜を切ります。玉ねぎはくし切りにし、人参は火が通りやすいように小さめに切ります。

2.中火で豚こま肉を炒めます。塩コショウを少々振って下味を気持ちつけて下さい。
  多少焦げ目をつけると香ばしくなります

3.豚肉に8割くらい火が通ってきたら切った玉ねぎと人参、こんにゃくを入れます。
(コンニャクの匂いが気になる人は先に下茹でしておいてください)

4.チューブ生姜を入れる。大体5センチくらい
 本当はすりおろした新鮮な新ショウガが香りも辛みも爽やかで良いと思います。
 でも生姜入りの味噌汁は好みが分かれると思うので、生姜の匂いが苦手な方はこの工程を飛ばしてもOK

5.鰹節と出汁昆布を入れます。
(面倒くさければ白だし1カップでも良いです)

6.酒、みりん、しょうゆ、塩、水を全て入れます。

7.豆腐を豪快に入れます。切らなくてOK。そのまま入れてヘラなどで潰して適度な大きさにしてください。

8.蓋をして火にかけます。弱火~中火くらい。
 時々様子を見てみると、玉ねぎがだんだん透明になってきます
 (気になる方はアクをとって下さい。)
 大体20分位煮ます。

 この間がヒマなので、この豚汁と合わせると美味しい味付き卵のレシピを紹介します。
 煮てる間にパパッと作るのも良いです
「お弁当にも!パッと出来て美味しい、すりごま衣のにんにく塩卵(ゆで卵)」

9.一旦火を止めます。
蓋をしたまま15分ほど放置し、余熱で味を染み込ませつつ具材を柔らかくします

10.放置が終わったらまた中火にかけます。
 玉ねぎの繊維がほぐれ、柔らかくなった感じがしたら再度火を止めて味噌を溶かし、完成!!

でっかい丼にそそぎ、自宅で豚汁(大)を注文した気分に!


 

★感想

大量の豚肉を入れているにも関わらず、味は案外優しくてさっぱりしています。
玉ねぎによって味が優しくなって食べやすいです。

そしてそして・・・

煮込んでいる間に作っていた味つけ卵をイン!!!!!!

これを齧りながら食べる豚汁がまたうまいヽ(*´∀`*)ノ.+゚
オススメです。

寒い時はもちろん、元気を出したい時にも豚汁って良いですよね。


作るのが面倒でさっと準備したい方へはフリーズドライのお味噌汁がおすすめです
アマノフーズさんのフリーズドライは即席とは思えないクオリティだと思います。
どのお味噌汁も味がしっかりしている感じがします。
フリーズドライの豚汁も具材の触感、味が素晴らしい(^^)/

料理/生活の最新記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)