春の旬な食材!菜の花の混ぜご飯

         

地元の直売所を探索していたら、「菜の花」を見つけました^^

独特なほろ苦さが魅力の春の食材ですね。

今回は菜の花を使った混ぜご飯を作ってみました。

SPONSORD LINK

調べてみると、栄養価も高いみたいですよ。
ビタミンC:ほうれん草の約3倍
β-カロテン:ピーマンの約5倍
他カリウムや鉄分などを多く含むようです

では早速作っていきましょう。

材料はこちら

お米:2合
 白だし(ストレートタイプ):一回し(濃さは好みで)
 昆布:1片
 酒大さじ2
 塩小さじ1
 水:白だしとあわせて2合のメモリちょうど位に調整
菜の花:1束
コーン:1缶
卵:2個

菜の花とコーンがメインです

コーンを汁ごと入れると程よい甘みが出て美味しくなります。


作る工程

1. 洗い米します。水を切って30分程おきます。

※洗い米とは、米を水で研いで水切りしたものです。


2.お米、白だし、酒、塩、昆布とコーンを入れ、ひと混ぜしてから炊きます。コーンは汁ごと入れます。


3. 菜の花をよく洗って、4、5cmくらいに切っていきます。(根元は切り落とします)


4.サラダ油を少々入れて菜の花を炒めます。

※菜の花をサラダ油で炒めることで、ご飯に艶が出て美味しくなります。


5.炒めていると鮮やかな緑色になります。


6.ご飯に混ぜる炒り卵を作ります。


7.ご飯が炊けたら、10~15分蒸らします。


8.菜の花と炒り卵を炊飯器に入れ、全体をよく混ぜます。

混ぜるとこんな感じになりました。


完成です。
見た目が鮮やかで良い感じになりました。

味は、コーンが良い仕事しています。ご飯がほんのり甘くなり、菜の花のほろ苦さによく合います^^
苦味自体も少し緩和しているように感じます。
ほろ苦さが苦手な方でも美味しくいただけるのではないかと思います(^_-)-☆

旬のものを食べると、なんだか心も体も元気をもらえる感じがします。
エネルギッシュといいますか^^

おすすめですので、見かけたら是非食してみてくださいw


余談ですが、
今回は「カメノテの味噌汁」と「にらネギ豚肉の炒め物」と一緒に食しました。
いずれも旬な食材です。

カメノテは食べられるの?って見た目をしていますが、個人的にはカニとエビを足して2で割ったような味がするように感じます。

味噌汁に入れると、すごい旨味の出汁がでます。磯の香りがして風味もよいですw

旬は5月から8月くらいみたいです。温かい地域だと、3月末くらいには出回る事があるようですよ。

こちらも見かけたら購入をおすすめします^^

料理/生活の最新記事

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)